Home > 研究実績 > 学会報告

2010年(平成22年)

  • 三高俊広、市戸義久。パネルディスカッション4 肝臓の再生機構を考える:今後の肝再生医療への展望:「肝幹・前駆細胞の分化・再生能力」JDDW2010、2010年10月13日、横浜市
  • 市戸義久、三高俊広。ワークショップ16 肝胆膵疾患と組織幹細胞/progenitor cell:病態解析と治療戦略「肝幹・前駆細胞の分化誘導因子の解析」JDDW2010、2010年10月14日、横浜市
  • 谷下一夫、須藤亮、橋本渉、三高俊広、池田満里子。「胆管様ネットワーク再形成に関する組織工学」第37回日本胆道閉鎖症研究会、2010年12月11日(土)、慶應義塾大学三田キャンパス、東京都

2009年(平成21年)

  • 谷水直樹、千賀一徳、斎藤滋、Keith Mostov, 三高俊広、宮島篤。シンポジウム(2)肝幹細胞の分化・増殖と再生のメカニズム「肝芽細胞から胆管上皮細胞への分化及び胆管の形態形成を制御する分子メカニズムの解析」第16回肝細胞研究会、2009年6月27日、山形市、抄録p35

2008年(平成20年)

  • 水口徹、平田公一、永山稔、目黒誠、川崎浩之、信岡隆幸、木村康利、山口浩司、古畑智久、三高俊広.「肝再生機序の解明への挑戦ープロメテウス神話から臨床治療までの道ー」 第108回日本外科学定期学術集会、2008年5月16日、長崎、日本外科学会雑誌、109巻臨時増刊号(2)、p83.
  • 平田公一、水口徹、大島秀紀、佐々木寿誉、三高俊広.「組織幹細胞を用いた肝再生医療の可能性」第108回日本外科学定期学術集会、2008年5月17日、長崎、日本外科学会雑誌、109巻臨時増刊号(2)、p173.
  • Mitaka T, Ooe H, Ichinobe N. Isolation and culture of rat and human small hepatocytes. The 35th Annual Meeting of the Japan Society for Low Temperature Medicine organizes a joint World Conference of “The New Era of Cryomedicine” Cosponsored with International Institute of Refrigeration, November 23, 2008, Tokyo (Roppongi Academy Hills 49)
  • 水口徹、平田公一、永山稔、目黒誠、川崎浩之、信岡隆幸、木村康利、山口浩司、古畑智久、三高俊広。「消化器(実質臓器)外科 肝再生機序の解明への挑戦 プロメテウス神話から臨床治療までの道」日本外科学会雑誌、109巻臨増2,p83 (2008)

2007年(平成19年)

  • 陳其潔、今純子、大栄秀和、佐々木寿誉、三高俊広.シンポジウム1肝細胞の分化・増殖とシグナル伝達「Follistatin産生によるラット小型肝細胞の増殖」第14回肝細胞研究会、2007年6月22日、鹿児島
  • 今純子、大栄秀和、陳其潔、市戸義久、三高俊広.シンポジウム2肝幹細胞研究の現況と展望「肝前駆細胞の分化機構の解析」第14回肝細胞研究会、2007年6月23日、鹿児島
  • Kon J, Sasaki K, Oshima H, Mitaka T. Analysis of differentiation of hepatic progenitor cells derived from severely injured rat livers. The 58th Annual Meeting of the American Association of the Study of Liver Diseases, Nov 2-6, 2007, Boston, MA, USA, Vol.46, No.4 (Suppl), 803A.
  • Mitaka T, Sasaki K, Kon J, Chen Q, Ooe H, Oshima H, Mizuguchi T, Hirata K. Selective proliferation of human hepatocyte progenitor cells in combination with hyaluronic acid and serum-free medium. The 58th Annual Meeting of the American Association of the Study of Liver Diseases, Nov 2-6, 2007, Boston, MA, USA, Vol.46, No.4 (Suppl), 802A.
  • 三高俊広、今純子.「肝再生過程における小型肝細胞の役割」シンポジウム2「再生医療のbreak through」第34回日本臓器保存生物医学会定期学術集会、2007年11月16日、札幌(北大学術交流会館)、Organ Biology, 14(3), 220(36), 2007
  • 大島秀紀、水口徹、桂巻正、木村康利、信岡隆幸、山口浩司、古畑智久、佐々木寿誉、三高俊広、浅井康文、平田公一。「新郎と研究のビューポイント 肝臓in vitroモデルを用いた炎症性黄疸病変機序の解明 炎症サイトカインのビリルビン代謝に与える影響」日本腹部救急医学会雑誌、27巻2号、p320 (2007)
  • 陳其潔、今純子、大栄秀和、佐々木寿誉、三高俊広.Follistatin産生によるラット小型肝細胞の増殖.第14回肝細胞研究会、2007年6月22-23日、鹿児島(シンポジウム)
  • Mitaka T. In vitro hepatic tissue formation by hepatic stem/progenitor cells. Keio University International Symposium on Cellular Bioengineering 2008. March 12, 2008. North Building, Conference Halls, Mita Campus, Keio University.

2006年(平成18年)

  • Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K Regulation of cellular configuration by cell-cell adhesion in the 3D stacked-up culture of rat primary hepatocytes. J Biomechanics, 39, Suppl 1, 2006, pS229. World Congress of Biomechanics, July 29-August 4, Munchen, Germany, 2006.
  • Mitaka T. Characteristics of small hepatocytes as hepatic progenitor cells and a reconstruction of hepatic organoids in vitro. The 2nd International Symposium on Developmental Biology and Tissue Engineering. March 24th, 2006, Tokyo Institute of Technology, Yokohama, Japan.
  • 三高俊広.教育講演「幹細胞を用いた組織・臓器再生−肝から学ぶ−」第3回泌尿器科再建再生研究会、2006年6月3日、札幌
  • Sasaki K, Kon J, Chen QJ, Ooe H, Oshima H, Mizuguchi T, Hirata K, Mitaka T. Proliferation of Hepatic Progenitor Cells Isolated from Adult Human Livers. FASEB Summer Research Conferences, Snowmass, Colorado, U.S.A. 2006, July22-27.
  • Kon J, Ooe H, Oshima H, Kikkawa Y, Mitaka T. CD44 expression in rat small hepatoytes. . FASEB Summer Research Conferences, Snowmass, Colorado, U.S.A. 2006, July22-27.
  • 三高俊広 シンポジウム3「消化器疾患の再生医療」「ヒト小型肝細胞の分離培養とその再生医療への応用」DDW-Japan第10回日本肝臓学会, 札幌、2006年10月11日
  • Sasaki K, Kon J, Chen Q, Ooe H, Oshima H, Shibata T, Mizuguchi T, Hirata K, Mitaka T. Proliferation of hepatic progenitor cells isolated from resected adult human liver specimens 2007 Asia Pacific Association for the Study of Liver (APASL), March 27-30, 2007, Kyoto, Japan.

2005年(平成17年)

  • 今純子、大栄秀和、大島秀紀、吉川大和、三高俊広. ワークショップ10−4「小型肝細胞特異的表面マーカーの発現と抗体による細胞分離」第4回日本再生医療学会総会、大阪、2005年3月1日、日本再生医療学会雑誌、4巻、P105.
  • Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita. Reconstruction of 3D liver-like structures by stacking cell-layers cultured on microporous membranes. 6th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering (APCMBE2005). April 24-27, 2005, Tsukuba, Japan
  • Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K. Bile canalicular formation in 3D stacked-up culture of rat small hepatocytes and nonparenchymal cells. 2005 Summer Bioengineering Conference, June 22-26, Vail, Colorado, U.S.A.
  • Hashimoto W, Kohara H, Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K. Reconstruction of ductular structure by rat biliary epithelial cells. 2005 Summer Bioengineering Conference, June 22-26, Vail, Colorado, U.S.A., Conference program p.17.
  • Nagaya M, Kubota S, Suzuki N, Akashi K, Mitaka T. Filled thermoreversible gelation polymer resulted in the complete recovery of focal defect in a rat. 40th Congress of the European Society for Surgical Research (ESSR), May 25-28, 2005, Konya, Turkey.
  • Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K. Reconstruction of 3D Liver-like Structures by Stacking up Layers of Rat Small Hepatocytes. The Second Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics, Sep, 2005, Kyoto, Japan.
  • 今純子、大栄秀和、大島秀紀、三高俊広.ワークショップ4肝再生と再生医療「ラット小型肝細胞特異的遺伝子CD44の機能解析」第41回日本肝臓学会総会、大阪、2005年6月17日、肝臓、46巻(supplement1), A53.
  • 三高俊広.教育講演「肝前駆細胞による肝再生」第23回日本肝移植研究会、札幌、2005年6月24日.
  • 三高俊広.「ラット肝臓における性差」第3回北海道性差医学・医療研究会、札幌、2005年7月1日.
  • 長屋昌樹、窪田倭、鈴木登、三高俊広.シンポジウム2 肝障害と再生 「ラット胆管由来肝前駆様細胞の分離と培養」第12回肝細胞研究会、東京、2005年7月9日
  • Nagaya M, Kubota S, Suzuki N, Isogai A, Watanabe T, Akashi K, Mitaka T. Thermoreversible gelation polymer induces the regeneration of partially injured rat liver accompanying the stem/progenitor cells derived from bile ducts. Hepatology 42(4, Suppl. 1), 279A, (2005), AASLD, November 11-15, San Francisco, USA, 2005.
  • 長屋昌樹、窪田倭、鈴木登、三高俊広.シンポジウム2 肝障害と再生 「ラット胆管由来肝前駆様細胞の分離と培養」第12回肝細胞研究会、東京、2005年7月9日(口演)

2004年(平成16年)

  • 三高俊広. シンポジウム12 「肝臓の再生」「小型肝細胞を用いた類肝組織形成とその応用」第3回日本再生医療学会、東京、2004年3月25日
  • Tanishita K, Ueda A, Sudo R, Ikeda M, Mitaka T. Cellular biomechanics applied to the tissue engineering. First Asian Pacific Conference on Biomechanics. Mar 25-28, 2004, Osaka, Japan
  • Kohara H, Hashimoto w, Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K. Reconstruction of tube-like structure by rat bile duct ular epithelial cells. First Asian Pacific Conference on Biomechanics. Mar 25-28, Osaka, Japan
  • 三高俊広. シンポジウム5 再生:そのメカニズムと臨床応用への視点 「小型肝細胞によるIn Vitro 類肝組織形成とその応用」第93回日本病理学会総会、札幌、2004年6月11日
  • 三高俊広. シンポジウム1「肝臓研究の新しいアプローチ」「肝組織構築の試み」 第11回肝細胞研究会、宇部、2004年7月2日
  • Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K. Bile canalicular formation in the reconstructed 3D structure of rat small hepatocytes sandwiched by microporous membrane. FASEB Summer Research Conferences, Snowmass, Colorado, U.S.A. 2004, August 9(7-12).
  • Kon J, Yan-Jun J, Ooe H, Kikkawa Y, Mitaka T. CD44 is a specific marker for rat small hepatocytes. FASEB Summer Research Conferences, Snowmass, Colorado, U.S.A. 2004, August 8(7-12).
  • Nagaya M, Kubota S, Suzuki N, Hamada M, Mitaka T, Akashi K. Filled thermoreversible gelation polymer resulted in the complete recovery of focal defect in a rat liver lobe: Hepatic progenitor cells from biliary ducts involve in the process. FASEB Summer Research Conferences, Snowmass, Colorado, U.S.A. 2004, August 8(7-12).
  • 水口徹、杉本真一、大島秀紀、信岡隆幸、川崎浩之、西陰亜紀、柴田智壽、吉川大和、猪飼伊和夫、山岡義生、桂巻正、三高俊広、平田公一。肝前駆細胞(小型肝細胞)と肝再生医療。第66回日本臨床外科学会総会、2004年10月15日、p41。

2003年(平成15年)

  • 三高俊広.「小型肝細胞とin vitro 肝組織構築」 代用臓器研究会 2003年3月21日(金曜日)
  • 三高俊広.第59回日本顕微鏡学会ニューマイクロスコープ分科会 シンポジウムBS7「ニューマイクロスコープで捉えた各種病態解析」「In Vitro 肝組織過程の形態学的解析」2003年6月9日(月)、札幌
  • Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K. Coordinated contraction of bile canaliculi reconstructed in rat small hepatocytes. 2003 Summer Bioengineering Conference, June 25-29, U.S.A.
  • 三高俊広.「肝組織構築と肝細胞機能」シンポジウム「肝構成細胞の分化と機能発現」第10回肝細胞研究会、東京、2003年7月11−12日
  • 三高俊広.「肝再生医療のための基礎研究:In Vitro肝組織形成」第一回札幌医科大学研究フォーラム、札幌、2003年7月15日
  • 三高俊広.「小型肝細胞を用いたin vitro 肝組織形成」 第44回日本組織細胞化学会・第35回日本臨床電子顕微鏡学会合同学術集会.シンポジウム2 「再生医学のフロンティア」2003年10月29日、東京
  • 三高俊広. 「In Vitro 肝組織構築と肝細胞機能-Ocean collagen-scaffoldの可能性」 第2回北海道海洋生物科学シンポジウム、札幌、2003年10月31日

2002年(平成14年)

< 前へ