Home > 研究実績 > 学会報告

2019年(令和元年)

  • 市戸義久、谷水直樹、三高俊広.シンポジウム(1)エクソソームを介した肝病態の制御機構「障害肝由来Thy1陽性間葉系細胞と骨髄間葉系細胞のエクソソームによる肝前駆細胞誘導機序」第26回肝細胞研究会 2019年5月23日−24日 (23日口演)、横浜市開港記念会館、横浜市
  • 三高俊広、谷水直樹、市戸義久.ワークショップWS10 肝構成細胞の病態生理「肝細胞の前駆細胞:増殖と活性化」第55回日本肝臓学会総会 2019年5月30−31日(30日口演)、京王プラザホテル、東京都
  • 市戸義久、谷水直樹、三高俊広.ワークショップ1 再生医学・医療「肝前駆細胞と細胞移植」第51回日本臨床分子形態学会総会、 2019年9月20日−21日 (20日口演)、久留米市
  • 谷水直樹.ワークショップ 真核生物におけるストレスに応答した遺伝子発現制御とその破綻に伴う老化および疾患「Lineage plasticity of liver epithelial cells」第42回日本分子生物学会年会、2019年12月5日、福岡市
  • Naoki Tanimizu and Toshihiro Mitaka “Studying and building liver epithelial architecture” COLD SPRING HARBOR ASIA CONFERENCES. LIVER, BIOLOGY, DISEASES & CANCER. December 9-12,2019(10 oral), Awaji, Japan
  • Norihisa Ichinohe, Naoki Tanimizu, Toshihiro Mitaka. “Transplantation of bone marrow mesenchymal cells enhance liver regeneration by secreted extracellular vesicles directly activating of hepatic progenitor cells” COLD SPRING HARBOR ASIA CONFERENCES. LIVER, BIOLOGY, DISEASES & CANCER. December 9-12,2019(10 poster), Awaji, Japan

2018年(平成30年)

  • Naoki Tanimizu and Toshihiro Mitaka “Interactions between intrahepatic bile ducts and autonomic nerves in developing and regenerating liver” FASEB SRCFundamental Biology and Pathophysiology of the Liver, June 10-15, 2018, Scottsdale, Arizona, USA
  • 谷水直樹、三高俊広.シンポジウム(1)肝臓構築のための基盤整備「NGFを介した肝内胆管と自律神経ネットワークの相互作用」第25回肝細胞研究会、2018年7月12−13日(12日)、東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホール、東京都
  • 市戸義久、谷水直樹、三高俊広.シンポジウム(2)肝不全治療への応用を目指したサイエンスー基礎と臨床からー 「障害肝由来Thy1陽性間葉系細胞による肝再生メカニズムの解析」第25回肝細胞研究会、2018年7月12−13日(13日)、東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホール、東京都
  • 谷水直樹、三高俊広.シンポジウム18「Ex vivoでの機能的な肝組織の再構築」SU-18-4「Ex vivoにおける肝臓の上皮組織構造の再構築」第18回日本再生医療学会総会、2019年3月21日(木)-23日(土)(22日口演)、神戸国際展示場、神戸市

2017年(平成29年)

  • 谷水直樹、三高俊広.シンポジウム1「肝再生と肝幹細胞~肝再生における肝細胞機能と組織修復」「肝細胞のHeterogeneityと分化可塑性の制御機構」第24回肝細胞研究会、2017年6月30日(金)−7月1日(土)(30日)、旭川市民文化会館、旭川市、抄録集p27
  • 三高俊広、市戸義久、谷水直樹.パネルディスカッション4[肝再生研究の進歩]「肝細胞増幅方法の確立と肝細胞移植による肝再生」第21回日本肝臓学会大会、2017年10月12日(木)-13日(金)(13日発表)、福岡国際会議場、福岡市、Kanzo vol.58 Supplement (2), pA523
  • 谷水直樹、三高俊広.ワークショップ「多様な臓器再生機構の解明~肝臓を対象とした基礎・臨床からのアプローチ」「肝臓の上皮細胞の分化可塑性の制御機構」Conbio2017、2017年12月6日(水)−12月9日(土)(9日発表)、神戸ポートピアホテル、神戸市

2016年(平成28年)

  • 谷水直樹、西川祐司、三高俊広.シンポジウム1細胞間相互作用から見た肝再生機序の現状「肝再生過程における肝細胞の分化可塑性の制御機構」第23回肝細胞研究会、2016年7月7−8日(木)(7日口演)、大阪大学中之島センター、大阪市
  • Mitaka T. Interaction between cell transplantation and liver regeneration. 第8回日本RNAi研究会・第3回日本細胞外小胞学会、2016年8月31日~9月2日(31日発表)、グランドプリンスホテル広島、広島市
  • 谷水直樹.シンポジウム「最新の幹細胞研究が解き明かす組織再生・疾患のメカニズム」「肝細胞の分化可塑性に依存した肝組織再生機構」第89回日本生化学会大会、 2016年9月25~27日(25日)、仙台国際センター、仙台市
  • 谷水直樹、三高俊広.シンポジウム4 消化器領域における再生医療・幹細胞研究の現状「肝障害・再生過程において成熟肝細胞が示す分化可塑性の制御機構の解明」 第20回日本肝臓学会大会、2016年11月3−4日(4日口演)、神戸ポートピアホテル、神戸市、肝臓Kanzo vol.57, pp.A468

2015年(平成27年)

  • 三高俊広.ワークショップ6「臨床応用の基盤形成を目指した肝再生研究の新展開」基調講演「新生肝細胞による治療を目指した研究の現状」第51回日本肝臓学会総会、2015年5月22日、ホテル日航熊本、熊本市、肝臓56 Suppl(1), A142-143
  • 谷水直樹、西川祐司、三高俊広.シンポジウム1「肝再生のUpdate」「肝上皮細胞が示す分化可塑性の制御機構の解明」第22回肝細胞研究会、2015年6月4日、米子コンベンションセンター、米子市、抄録p32
  • 三高俊広、市戸義久、石井雅之. シンポジウム3 肝再生 基礎から臨床 「細胞移植よるレシピエント肝細胞の再生」 第19回日本肝臓学会大会、2015年10月8日(木)、グランドプリンスホテル新高輪、東京都、肝臓Kanzo, vol.56 Suppl (2), A652
  • 三高俊広. 「肝再生研究の進歩」 第2回佐賀県北西部肝臓専門医会セミナー、2015年11月27日(金)、唐津赤十字病院、唐津市

2014年(平成26年)

  • 三高俊広、市戸義久.「細胞移植と肝再生:動物モデルからの考察」ワークショップ2 臨床応用を視野に入れた肝再生研究の新たな展開.第50回日本肝臓学会総会、2014年5月29日、ホテルニューオータニ、東京、Kanzo vol.55 Supplement(1) p A77
  • Naoki Tanimizu Toshihiro Mitaka. Molecular mechanisms defining the lineage plasticity of cholangiocytes. (Oral & Poster) 2014 FASEB Summer Research Conference, July 6~11, 2014, Keystone Lodge, Keystone, CO, USA
  • Kikkawa Y, Miwa T, Tanimizu N, Kadoya Y, Ogawa T, Katagiri F, Hozumi K, Nomizu M, Mizuguchi T, Hirata K, Mitaka T. Soluble Lutheran glycoprotein/basal cell adhesion molecule is detectable in plasma of hepatocellular carcinoma patients and modulates cellular interaction with laminin-511 in vitro. American Society for Matrix Biology Biennial Meeting 2014, 13 Oct. 2014, Marriott Key center, Cleveland, USA
  • Tanimizu N, Nishikawa Y, Mitaka T. International Session (Symposium) 1 “Lineage plasticity of cholangiocytes and hepatocytes in liver regeneration. “(Oral) in Stem cells in liver regeneration and therapy: Present and future scope. 第18回日本肝臓学会大会、2014年10月23日、ポートピアホテル、神戸、Kanzo, vol 55. Supplement (2), p A502

2013年(平成25年)

  • 三高俊広.「肝細胞培養と小型肝細胞: 創薬・肝再生医療への応用」 北海道バイオ産業クラスターフォーラム、2013年12月19日(木)、札幌アスペンホテル、札幌
  • Mitaka T, Ichinohe N, Kon J, Tanimizu N, Nakamura Y, Mizuguchi T, Hirata K. Thy1-positive cell transplantation activates the growth of small hepatocyte-like progenitor cells in rat livers treated with retrorsine and PH. Experimental Biology 2013, Boston, Apr 20-24 (22, Oral; 23, Poster Discussion).
  • Tanimizu N, Mitaka T. Lineage plasticity of cholangiocytes and hepatocytes (Oral) The 20th Annual Meeting of the Japanese Society for the Research of Hepatic cells. September 26 (26-27), 2013, Osaka International Convention Center, Osaka
  • Ichinohe N, Tanimizu N, Mitaka T. Thy1-positive cells transplantation activates the growth of hepatic progenitor cells in recipient rat livers (Oral) The 20th Annual Meeting of the Japanese Society for the Research of Hepatic cells. September 26 (26-27), 2013, Osaka International Convention Center, Osaka

2012年(平成24年)

  • 三高俊広. ワークショップ15 肝再生、幹細胞研究が臨床医学にもたらす可能性「基調講演」 第48回日本肝臓学会総会、2012年6月7日、金沢
  • 谷水直樹、三高俊広.シンポジウムI 肝臓の発生・生長・再生における肝組織形成「マウス正常および障害肝での肝細胞供給システムの解明」第19回肝細胞研究会、2012年6月29日、札幌、プログラム・抄録集p24
  • 須藤亮、粕谷淳一、三高俊広、池田満里子、谷下一夫. シンポジウムII 肝細胞の機能発現を制御する環境因子 「小型肝細胞−星細胞−血管内皮細胞共培養モデルにおける肝類洞様構造の再構築と肝細胞機能発現」第19回肝細胞研究会、2012年6月30日、札幌、プログラム・抄録集p26
  • Kasuya J, Sudo R, Mitaka T, Ikeda M, Tanishita K. Construction of functional ex-vivo liver tissues with pericyte-incorporated microvessels using microporous membranes. 3rd TERMIS World Congress 2012, September 5-8, 2012, Hofburg congress Centre, Vienna, Austria (Oral presentation, Sep 7)
  • Tanimizu N, Mitaka T. Hepatic biliary epithelial cells alter the differentiation potential during the development. ASCB2012, San Francisco, Dec 15-19

2011年(平成23年)

  • 市戸義久、今純子、大栄秀和、中村幸雄、谷水直樹、三高俊広。「肝前駆細胞移植治療におけるレシピエントラット肝再生機序の解析」(シンポジウム2 肝再生の制御機構)第18回肝細胞研究会、2011年6月24日、東京ガーデンパレス、東京、プログラム・抄録集p33
  • Tanimizu N, Mitaka T. Differentiation potential of cholangiocytes. Liver Down Under: Liver development, diseases & regeneration. Nov 28-Dec 2, 2011, Perth, Australia (Oral presentation, Nov29)
  • Ichinohe N, Tanimizu N, Ooe H, Kon J, Mitaka T. Restricted differentiation of hepatic stem/progenitor cells isolated from d-galactosamine-treated rat livers. Liver Down Under: Liver development, diseases & regeneration. Nov 28-Dec 2, 2011, Perth, Australia (Oral presentation, Nov 29)
  • Nakamura Y, Mizuguchi T, Ooe H, Kawamoto K, Meguro M, Ota S, Mitaka T, Hirata K. Hepatic Progenitor Cell Transplantation for Improving Survival after Liver Resection of Rat Non-alcoholic Steatocirrhotic Liver Model. 7th Annual Academic Surgical Congress, Quick shot oral presentation, Las Vegas, NV, USA, February 14-16, 2012.

2010年(平成22年)

  • 三高俊広、市戸義久。パネルディスカッション4 肝臓の再生機構を考える:今後の肝再生医療への展望:「肝幹・前駆細胞の分化・再生能力」JDDW2010、2010年10月13日、横浜市
  • 市戸義久、三高俊広。ワークショップ16 肝胆膵疾患と組織幹細胞/progenitor cell:病態解析と治療戦略「肝幹・前駆細胞の分化誘導因子の解析」JDDW2010、2010年10月14日、横浜市
  • 谷下一夫、須藤亮、橋本渉、三高俊広、池田満里子。「胆管様ネットワーク再形成に関する組織工学」第37回日本胆道閉鎖症研究会、2010年12月11日(土)、慶應義塾大学三田キャンパス、東京都

次へ >